食う寝るところに住むところ
もくじ           ようこそりゅうしゃんのサイトへ
 時事雑感 (日々の出来事等を・スクロール)  花と史跡を訪ねて
 youtube のチャンネル  リンク集(私のお気に入り)     
 老人大学・歴史考古学科 写真日記  茨木パソコンクラブ(外部サイト)  
 社交ダンスローズサークル プロフィール

パソコンクラブの展示会に出展の絵
旅行の写真を基にフォトショップで描画
   今年の5月からは、新元号である。
 どういう元号になるかは楽しみではあるが、
 3元号をまたいで年齢や年数を数えるのは
 老人には面倒くさく、不便である。
   新元号の時代は、孫たちの時代である。
   どんな時代になるのだろうか??
 住みよい、平和な時代であってほしい。
 生き物にとって母なる地球の自然が守られ、
 富や権力の偏在しない世の中にと願う。

 ☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ 
    更新  2019.04.14  時事雑感  
    開始  2004.05.17 

時事雑感2019
過去リンク  2018年  2017  2016  2015  2014  2013  2012
     2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005年以前

平成31年4月14日 ブラックホール画像撮影 この度、ブラックホールの撮影に成功したというニュースが報道された。 人間が見える形で、捉えられた初めてのブラックホール画像という。      ブラックホールの撮影成功  ブラックホールは人間が見える全てのものを、物、恒星、惑星、ガス、塵はもちろん、 光でさえも、飲み込んでしまう。人間には想像しにい構造となっているらしい。 吸い込まれたものはどうなるのだろうか??その先は闇である。 この世とあの世を結ぶ、穴とも思えるが、凡人にはどうにも分かりずらい。 むかし、数学で複素平面について習った時、実数部分が現世で、虚数部分が彼の世だと 教師がいったのをいまでも覚えている。(虚数を理解した訳ではない) 虚数があの世なら、その部分を解明したら、世の中の全貌が分かるほど単純では ないらしい。    虚数は私たちの世界観を変えてしまった。 人間の知恵と感覚は、地球上で生きてゆくためだけに、原生生物から進化したと思う。 地球を離れると、その感覚はあまり役に立たないのでは? 分かりようもない物となっていく-------- 宇宙は謎に満ちている。その中に自分が住んでいるのが不思議だ。 りゅうしゃんが考えても分かる筈もないが、 発表される宇宙の新発見には興味津津である。    星とたんぽぽ 金子みすず     青いお空のそこふかく、     海の小石のそのように     夜がくるまでしずんでる、     昼のお星はめにみえぬ。        見えぬけれどもあるんだよ、        見えぬものでもあるんだよ。     ちってすがれたたんぽぽの、     かわらのすきに、だァまって、     春のくるまでかくれてる、     つよいその根はめにみえぬ。        見えぬけれどもあるんだよ、        見えぬものでもあるんだよ。 ---------------------------------------------------------------------- 平成31年4月8日 新元号は”令和” 4月1日に多くの予想を外した新元号が、発表された。         令和 である。 万葉集から取ったといわれる。    ニコニコ大百科・令和  新学期の時期である。9人の孫たちはそれぞれ進級、進学で  また新しい環境での生活である。  孫頭は国立大学に進学であるが、学校の近くに下宿、一人生活が始まる。  今まで、食事、洗濯、掃除と母親にやってもらっていたが、  これからは独り立ち------だが、経済学部ではあるが、経済的にはまだまだ\\\ 別の孫は大学進学に熱心な私立高校に行くことになった。  また、末の孫は、私立幼稚園入学である----\\\       団地内の公園にて                 弁天さんの桜並木   ----------------------------------------------------------------- 平成31年3月14日 りゅうしゃんのポスト平成時代  いよいよ、平成時代も残る所、わずかになってきた。 日程を確認してみると・・・・・・    2019年4月1日  新元号公表    2019年4月30日 元号 平成の終了    2019年5月1日  新元号始まる 平成時代を振り返ると・・・・ 世界的には次のサイトの状況だった。  その中で思い出深いのは・・・ベルリンの壁崩壊、バブル崩壊、大震災、など    平成を振り返る10大ニュース 個人的に平成時代を振り返ってみよう。    子供3人はみな昭和生まれで、平成時代は教育費が掛かる時代であった。    成長する子供に、個室を与えるため転居したり、下宿の仕送りをしたり・・・    りゅうしゃんの給料だけでは不足するので、妻は塾のパートに出たり・・・    子供達はそれなりに、親の期待に応えてくれたのは、幸せだった。    今からは、孫たち進路の時期であるが、責任がないので    子供に比べ、90%気楽である。結果を聞いて、成長を楽しんでいる。    平成時代はサラリーマンとしての先が見えて、気楽に務めていた。    若いころの様に、仕事で悩むこともなかった。 定年後は、老人大学、パソコンクラブ、ダンスクラブなどで楽しんでいる。 新元号の時代    新元号の時代は、老化との戦いであり、あまり良いことはないであろう。    健康の維持と寿命の問題が、最大のテーマ・・・・となろう。    それでも、体力を温存して、世の中のすう勢を見ていきたいし、    孫の成長も見届けたい。    昔読んだ小説で、すっかり忘れているが、次の言葉はいまでも覚えている。    モーパッサンの名言        人の一生というものは、人が      思っているほどよくも悪くもないものですね。 ---------------------------------------------------------------- 平成31年2月4日 愛用のパソコンが泣いている。 ウィンドウ7を搭載した愛用のパソコンが泣いている。  ・便利な付属ソフトがなくなる。Windows10には移行不可    (DVDメーカー、フォトギャラリー、Liveメールなど)  ・サービス終了が2020年で、事実上廃型が確定している。   ハード的には、壊れてないのに・・・・・・    一月末に、愛用してきたライブメールが、突然使えなくなくなった。 エラーメッセージにサバーの受付拒否みたいなものが書いてあったので サーバーの問題かと思い、OCNに電話したら、ライブメールはサポート終了で 問い合わせの対象外ですとの返答。 あとで調べたらサポート期間は、2017年の1月10日までであった。 OCNのサーバー貸は終了で、このブログも やむなく、さくらのレンタルサーバー(有料)に変更。 サービス項目が減少したのに、OCNのプロバイダ料金は、割引もない。 Yahooの無料サーバーも閉鎖。(これは無料なのであまり文句は言えない) 便利さの恩恵をうけているが、商売の関係で 数年に一度パソコンは買い替えるように出来ているのだろう。 コンピューターの世界はなんとも冷たい。   そこで、りゅうしゃんのパソコン購入歴を思い出し表にした。 表にまとめると下表のとおりである。       りゅうしゃんのパソコンの寿命は、7年くらいか??  ・・・・・りゅうしゃん自身もかなり弱ってきている パソコンの寿命を心配するより、      りゅうしゃんの寿命を心配するのが 先のはづ・・・・      --------------------------------------------------------------------------- 平成31年1月9日 ヘルペス ヘルペスは7年前に罹ったが、年末から正月にかけて またも発疹が出てきた。 免疫力が弱る60歳以上は三人に一人は罹るという。 全く、正月早々憂鬱である。 都合が悪いことには、今回は顔に発疹が出てきたことである。 友人に行きたいダンスパーティーに誘われても、自粛とは辛い。 年末に娘達の子供(りゅうしゃんからは孫)を見たのが、唯一の幸せであった。   今年は、不運からスタートであるが、良い年になることを願いたい。 ------------------------------------------------------------------------------- H30年12月30 災い多い一年 今年もあと一日となったが、今年は、災い多い一年であった。     (りゅうしゃん個人的にも・・・) ・猛暑と体調不良   夏に気分が優れない日が続き、近所の医者に見てもらう。  特に異常はないとのことであっが、その後熱が出たので、娘にも相談し、 診察に娘も立ち会ってもらった。結果、軽い肺炎とのことであった。 あまりの暑さに体調が不良となったのだろうと思った。  他に、以前から悪い目も、ますます見にくくなってきたので、  どう対処しようか?   一方暑さのせいか、庭にある柿などは、大豊作となった。 300個くらい生って、10月中旬から12月中旬まで、毎日数個食べた その他、ザクロ、柚子なども多く実をつけた。 植物は、空気中の炭酸ガスが増え、暑さが増すほど、元気になるのだ。    2018年の猛暑 ウイキ   ・6月に大阪府北部地震  大阪は地震が少ない地域と思っていた。 しかし、突然の震源地に近い地震で驚いた。 なにせ自転車で40分位の場所が震源である。    大阪府北部地震ウイキ    住宅密集地であるので、被害も相当あり、屋根にブルーシートが掛った家が沢山ある。 復興には、職人不足もあって、3年以上かかるとの予測もある。 そこで、地震の分布を見てみると、北海道か九州がよさそうだ。 地震被害分布(地震学会) ・9月初めには台風21号  台風も大阪は被害が少ない地域とおもっていた。 が、自動車が飛ばされる様な強風が吹いた。 りゅうしゃんの向いの家並み7建も、鉄筋のテラスハウスで、風には強いはずだが どの家も増築のベランダが飛ばされた。 次々に飛ばされる瞬間を窓から見たが、破片がりゅうしゃんの 家にぶつかるのではないかと、怖かった。    平成30年台風21号    ・兄の不幸  個人的なものだが、私より11歳年上の次兄が、  大腸がんとがんの転移で?亡くなった。    5ページ目に兄の記事  健康寿命の範囲で、残っている兄弟は、りゅうしゃん一人??  しかし、その、りゅうっしゃんの健康状態も相当怪しい。                     小庭のもみじ ------------------------------------------------------------ H30年11月28 日産のゴタゴタ  日産自動車のカルロスゴーン会長の突然の逮捕で ここ一週間は、大騒ぎである。 ゴーン会長は1999年、仏自動車大手ルノー副社長から 日産の最高執行責任者(COO)に就任し、 2001年6月から最高経営責任者(CEO)となった。   日産ゴーン会長逮捕の衝撃 思えば、まだ会社に勤めていた時代、 すでにカルロスゴーンの名前は知れ渡っていて その辣腕ぶりをみて、勤めている会社が、 日産でなかったのが良かった..とも思った。 ”りゅうしゃんは生来の鈍間”だったので 恐らく一番に退職勧告を受けていたにちがない。       wikiカルロスゴーン 日産自動車ば、合併を繰り返した会社で、関東に地盤を置き、 時の政府にくっ付いた政策会社のイメージがある。 新興の自動車メーカー、トヨタ、ホンダ、スズキなどの 強力な創業者が作り上げた会社とは異なり、独自の哲学がない、 いわば役所的な会社と思っていた。 が、瀕死の状態になった後、ゴーンを迎えて、蘇生した。     日産自動車の歴史 政策会社・日本航空が、京セラの創業者で、稲盛教の創始者”稲盛和夫”により 蘇生したのと類似しているが、違うのは経営者の育ちの風土だろう。 十数世紀を戦いの中で生き抜いてきた”中東の人々=カルロスゴーン血”、 それは、激しい戦いの中で、自分の利益を第一優先とする中東の血であろう。 島国で共同作業の農業を営むの日本の血とは、根本的な差がある。 日本は明治維新でも、日米戦争でも、一夜にして自らの信念を変えたが 世界の人々は、自らの考えを簡単には変えないとおもう。 日産の今後がどうなるのか、英雄”ゴーン”がどうなるのか?     ニュースから目が離せない。   ・・・・最近、目が衰えて、困っているりゅうしゃん・・・・                 今年は庭の柿、ザクロが大豊作 ----食べきれない